2012年7月28日 (土)

黄金いくらのアレンジ

黄金いくらのアレンジ方は、どのようなものがある
のでしょう・・・

黄金いくらをどのように味わったのか、
購入した人のアレンジ方法です。

*瓶に入ったいくらはそのままでは食べれません。
 親切にきちんと調理法が(簡単な味付けの仕方)付いてるので、
 手軽に白いご飯と頂けます☆

*プチプチ感があってとてもおいしかったです。
 漬け込むたれの作り方が同封されていて、
 それもとても助かりました。
 贈り物にも良いと思いました。

黄金いくらをどんぶりにして味わっているようです。
豪華な黄金どんぶりですね。

塩漬けにして冷凍されて送られてきますので、
さっと水洗いをして塩抜きをしたほうが良さそうです。

黄金いくらのアレンジ方はほかにもあります。

大根おろしの上にのせてみたり、お寿司などに使ったり
おせち料理の一品にしたりと・・・

ぜひ、色々な料理にアレンジしてください。

黄金いくらの情報はココから↑...

2012年7月26日 (木)

黄金いくらの味

黄金いくらは、どのような味わいなのでしょう?

黄金いくらを実際に購入して味わった事のある人の
感想を紹介します。

*いくらが大好物の従姉妹にプレゼントしました。
 普通のいくらよりぷちぷち感が強いみたいです。
 珍しいって喜ばれました 。

*キラキラの黄金いくらに、感動です。
 食べてみると プチプチって 感触が たまりません♪
  知り合いに、送ったら 珍しがられ 美味しかったよと、
 喜ばれました。

*テレビで見て購入してみました。
 川魚なので臭いのかなと思いきや、全然臭みはなく
 おいしかったです。

黄金いくらは、皮の柔らかな粒と、
ぶちっとした歯ごたえで弾けてとろみが豊かに味わえる
粒が混ざっています。

それを味わえるのも、うれしいですね。

TVで紹介されました!【黄金いくら】購入はコチラから...

2012年7月24日 (火)

黄金いくらになるまで

黄金いくらのになる、岩魚を養殖している小林養魚場は
完全自家採卵を25年以上続けています。

毎年品質を保つためには、理想に近い岩魚を親魚に選ぶという
ことが大事となります。

その選別した親魚から、採卵、育成することを繰り返すことに
よって、個体差がない理想に近い岩魚が養殖できるのです。

黄金いくらを安心して、美味しく食べてもらうために
ほかにも独自の養殖法を実施しています。

小林養魚場で育てられる魚は、孵化した時から浄化力のある木炭粉・
木酢液などが配合された独自の飼料が与えられます。

この飼料を使用することによって、
寄生虫や臭みの心配がなくなります。

また、御正体山の源流に恵まれいる小林養魚場は
独自の給餌飼料を採用することによって
完全有機養殖に成功することができたのです。

TVで紹介されました!詳しくはコチラから...

2012年7月21日 (土)

黄金いくら 岩魚の養殖

黄金いくらになる岩魚の卵・・・
岩魚は養殖が難しいとされてきた、魚です。

その岩魚の養殖に成功したのが、山梨県にある
養魚場です。

岩魚を養殖するときに、最も大切なものは「水」です。

山梨県都留市の人里離れた山奥にある小林養魚場は、
自然豊かな環境にあります。

御正体山(みしょうたいさん)から湧き出る清冽な源流を
そのまま使用することができるので、岩魚の養殖には最適な
環境といえるのです。

黄金いくらとなる岩魚は、このような環境で
養殖されているのです。

御正体山(みしょうたいさん)は、年間を通して水温が
低温が保てます。

ここで養殖された、岩魚は身が絞まっています。
卵だけでなく、岩魚の身も新鮮な刺身として食べられます。

TVで紹介されました!【黄金いくら】は、ココから..

2012年7月19日 (木)

黄金いくらは幻の珍味

黄金いくらにが、幻の珍味とされるのは岩魚という魚は
養殖が難しいとされていたということも理由です。

黄金いくらがは、幻の珍味とされる理由は
ほかにもあります。

黄金いくらに加工される岩魚の卵は、年に1回だけ産卵期の
メスから取り出されたものを使っています。

この岩魚の卵は、岩魚が養殖される前までは
渓流釣りで、産卵期のメスを釣り上げたときだけに
見ることのできる貴重なものでした。

渓流釣りの愛好以下でも、なかなか見ることができなかった
そうなのです。

養殖された岩魚の卵も、あまり市場には出回っていません。
そのために、黄金いくらは幻の珍味といるのです。

幻の珍味といわれている、黄金いくら
お祝いの席などの、特別な日に用意したいものです。

どのような味かするのでしょうか・・・

商品の詳細はコチラから...

2012年7月17日 (火)

黄金いくら、知ってますか?

黄金いくらという、岩魚の魚卵を加工して作られる
商品を知っていますか?

黄金いくらは、『幻の珍味』といわれていて
市場に出回ることが少ないので、食べたことがある
という人は少ないと思います。

黄金いくらは、名前の通り鮮やかな黄金色をしています。
この、黄金色は岩魚の魚卵そのものの色なのです。

岩魚という魚は、サケ科の淡水魚です。
岩魚はきれいな渓流に生息しています。

「岩魚(いわな)」という名前のルーツは
きれいな渓流の岩の間に生息しているというところから
つけられたそうです。

渓流釣りを趣味としている愛好家の間では、
岩魚というのは、渓流釣りで釣ることのできる代表的な
魚とされています。

『幻の珍味』とされている、黄金いくら
一度は試してみたいものです。

TVで紹介されました!【黄金いくら】は、コチラから...
無料ブログはココログ

メモ

  • マイリスト